薬剤師年収サイトのランキング

製薬会社を会社別に見る(五十音順)

あすか製薬の薬剤師の年収は高めで、働く環境も魅力的です。

あすか製薬の薬剤師の年収は高めで、働く環境も魅力的です。企業としても様々な医療機関に商品を提供しているため、幅広い分野で薬剤師の知識を高めることができます。社風も明るく、働きやすい環境が整っています。

アステラス製薬の薬剤師の年収が高いのは、熱心な努力があるからです

アステラス製薬の薬剤師の年収が高いのは、熱心な努力があるからです。社員一人一人が努力を重ね、現状にとどまることなくさらに上を目指して努力を重ねる。それが企業全体の成長を促進し、社員の年収を高める要因になっています。

アストラゼネカの薬剤師の年収は企業では平均的なのですが・・

アストラゼネカの薬剤師の年収は企業では平均的なのですが、薬剤師全体の平均から見れば高い水準に達します。社風は実力主義なので、あなたがアストラゼネカで実力を出すことができれば、早くから年収アップを達成することが可能です。

エーザイの薬剤師の年収は高い。それは大手製薬会社だから?

エーザイの薬剤師の年収は高い。それは大手製薬会社だからという理由もありますが、最も大きな要因は、社員一人一人が志を高く持ち、新しい事に積極的に挑戦していけるからです。その証拠にエーザイでは、非常に充実した教育体制が整っています。

栄研化学の薬剤師は年収が上がりにくくても満足しています。

栄研化学の薬剤師は年収が上がりにくくても満足しています。製薬会社として見た場合の年収は確かに低いのですが、栄研化学では充実した教育体制があります。年収よりも、スキルアップを目指す薬剤師に向いている企業です。

大塚製薬の薬剤師は年収が高い。その理由はどこにあるの?

大塚製薬の薬剤師は年収が高いです。その金額は、製薬企業の中でもトップの数字を誇ります。一般の薬剤師でも700万円近く。幹部クラスになれば1000万円を得ている薬剤師も珍しくありません。その理由は、どこにあるのでしょうか。

小野薬品工業の薬剤師の年収は高く、社員も熱心な企業です。

小野薬品工業の薬剤師の年収は高く、社員も熱心な企業です。意欲や人柄を重視して採用活動を行うことが影響しており、小野薬品工業では周りの薬剤師から刺激を受け、自らを磨いていくことが可能です。

花王の薬剤師は年収が高く、女性の働きやすさも抜群です。

花王の薬剤師は年収が高く、女性の働きやすさも抜群です。花王は女性の働きやすい環境を整えた企業として表彰された実績もあるため、将来子供が欲しい薬剤師にはぴったりの企業です。

科研製薬の薬剤師の年収が高いのは、人物重視の採用方針のためです!

科研製薬の薬剤師の年収が高いのは、人物重視の採用方針のためです。薬剤師が持つ高い向上心、仕事への意欲を評価する姿勢があるため、社員は仕事に対してやりがいや誇りを持ち、それが年収アップにもつながっています。

キョーリン製薬の薬剤師の年収が高い理由は、教育体制と社風にあります

キョーリン製薬の薬剤師は、企業の平均よりも高い年収を得ています。若くして高額年収を得ているキョーリン製薬の薬剤師ですが、その理由はどこにあるのでしょうか。キョーリン製薬の実態について、調べてみました。

協和発酵キリンの薬剤師の年収は高く、福利厚生も充実しています。

協和発酵キリンの薬剤師の年収は高く、福利厚生も充実しています。女性はもちろん、男性も子供が生まれるときに休暇をとったり、子供の看護を理由に休暇をとることも認められています。

小林製薬の薬剤師は年収が高い?大手企業の年収アップの秘訣は?

小林製薬の薬剤師は年収が高い。それは大手企業だからというよりも、小林製薬の社風がありました。トップとの距離が近いこと、働きやすい環境が整っていること。それが、小林製薬の業績につながっているのです。

サノフィの薬剤師の年収は平均より高く、働きやすい環境もそろっています。

サノフィの薬剤師の年収は平均より高く、働きやすい環境もそろっています。たとえば、女性社員が産休や育休で長期休暇を取るとき。その欠員分を派遣人材でカバーしています。また、サノフィでは年齢や経験を問わず役職に挑戦できる機会があるのも特徴です。

参天製薬の薬剤師の年収は高い水準を誇ります。その秘訣は?

参天製薬の薬剤師の年収は高い水準を誇ります。その秘訣はどこにあるのでしょうか。参天製薬では、人材教育を熱心に進めています。社員の一人一人が人材を育てるという意識が高く、同時に自らの力を高めていく向上心を持っています。

塩野義製薬の薬剤師の年収は高く、仕事の満足度も高いです。

塩野義製薬の薬剤師の年収は高く、仕事の満足度も高いです。若いうちから大きな仕事を任される機会があるため、早くに実力を出すことができれば、年収アップも一層近くなります。

生化学工業の薬剤師の年収は高く、早くから年収アップが可能です。

生化学工業の薬剤師の年収は高く、早くから年収アップが可能です。30代平均で年収が800万円を超えていることから、薬剤師の一人ひとりがもつスキルの高さが分かります。

第一三共の薬剤師の年収は業界でもトップクラス!それだけではありません。

第一三共の薬剤師の年収は業界でもトップクラスですが、福利厚生や仕事内容においても高い評価を受けている企業です。そのため求人が出されればすぐに応募が殺到する、競争率が高い企業でもあります。そんな企業への転職を成功させる秘訣とは・・?

大日本住友製薬の薬剤師の年収は高く、安定していることが強みです。

大日本住友製薬の薬剤師の年収は高く、安定していることが強みです。それは平均勤続年数が16.1年と長いことにも表れており、年収アップだけでなく働きやすい環境があることが分かります。

大鵬薬品の薬剤師の年収は平均的ですが、福利厚生が充実しています。

大鵬薬品の薬剤師の年収は平均的ですが、福利厚生が充実しています。特に住宅手当が手厚く、東京の場合単身者8万、妻帯者13万円の手当てが支給されます。賞与も高めなので、薬剤師によっては平均よりも高い年収を得ることが可能です。

武田薬品工業の薬剤師の年収は高く、若手が活躍できる環境があります。

武田薬品工業の薬剤師の年収は高く、若手が活躍できる環境があります。それは平均年齢38.8歳と、社員の年齢が若いことにも表れています。武田薬品工業は様々な事業を手掛けているため、薬剤師として新たな分野に挑戦することもできます。

田辺三菱製薬の薬剤師の年収は高く、仕事のやりがいも得られます。

田辺三菱製薬の薬剤師の年収は高く、仕事のやりがいも得られます。様々な製品を扱う企業なので、そこで働く薬剤師にも多くの知識が求められますが、先輩薬剤師がしっかりとサポートする体制が整っているので着実にスキルアップができます。

中外製薬の薬剤師の年収が、製薬会社でもトップクラスなのはどうして?

中外製薬の薬剤師の年収は製薬会社でもトップクラスです。初任給こそ平均的な数字であるものの、その後の伸び幅が大きいのが中外製薬の特徴です。中外製薬の高収入の秘密を、探っていきましょう。

ツムラの薬剤師の年収は年々増えていて、転職のチャンスです。

ツムラの薬剤師の年収は徐々に増えています。最近では40代の平均年収が800万円まで届くようになりました。成長を続ける企業へと転職したい、と思うあなたには、ツムラはお勧めの転職先です。また、漢方薬剤師を目指している方にも、ツムラは良い転職先です。

日水製薬の薬剤師の年収は平均的でも、挑戦できる環境があります。

日水製薬の薬剤師の年収は平均的な金額ですが、実力主義の社風の元積極的に大きな仕事にチャレンジできる環境があります。あなたが今まで身に着けてきた薬剤師のスキルを、ここで生かしてみませんか?

日医工の薬剤師の年収は低めですが、魅力はたくさんあります。

日医工の薬剤師の年収は低めですが、魅力はたくさんあります。その一つが、ジェネリック薬品に関する事業です。医療費抑制の観点から今後需要が高まることが予想される分野なので、あなたが薬剤師としてスキルアップを考えているならお勧めできる企業です。

ノバルティスの薬剤師の年収は高いですが、英語スキルが欠かせません

ノバルティスの薬剤師の年収は高いですが、英語スキルが欠かせません。外資系企業なだけあって英語の文章や会話のやり取りも多いため、TOEICでも高い点数を取れなければノバルティスで仕事をすることは難しいです。また、ノバルティスでは企業の仕事を経験している人材が求められます。

バイエル薬品の薬剤師の年収は高く、福利厚生も整っています

バイエル薬品の薬剤師の年収は高く、福利厚生も整っています。休暇のとりやすさ、女性にとっては子供が生まれた後も働きやすい環境が整っている点が、特に評価を得ています。

万有製薬の薬剤師の年収は高く、また女性MRが多い企業です。

万有製薬の薬剤師の年収は高く、また女性MRが多い企業です。そのため、女性に対する就労支援が手厚いのが特徴です。育休や産休・時短勤務以外にも、職場内に託児所を用意しているなど復職しやすい環境があります。

久光製薬の薬剤師は年収の高さよりも仕事内容重視で選ばれます。

久光製薬の薬剤師は年収の高さよりも仕事内容重視で選ばれます。年収自体は40代で平均630万円と、決して高いという訳ではないのですが、自社独自の製品を多数扱っているという強みがあります。独自の製品開発にかかわりたいという薬剤師にお勧めの企業です。

ファイザーの薬剤師の年収は公開されませんが、高収入が期待されます

ファイザーの薬剤師の年収は公開されませんが、高収入が期待されます。というのも、ファイザーは外資系企業で、おおむね年収は高い水準にあるのです。外資系というだけあって海外の支社も多いので、海外で仕事をしたいという薬剤師に向いている企業です。

扶桑薬品工業の薬剤師の年収は高くなくても、独自の強みがあります。

扶桑薬品工業の薬剤師の年収は高くなくても、独自の強みがあります。それは、透析に関する薬の開発と販売です。この分野に関しては、扶桑薬品工業は業界トップの業績やシェアを誇っています。透析に関わりたい薬剤師にはお勧めの企業です。

ベーリンガーの薬剤師の年収は、それまでの経験や能力で決まります。

ベーリンガーの薬剤師の年収は、それまでの経験や能力で決まります。年俸制を導入しているため、正確な金額は薬剤師個人ごとに異なるのです。また、役職に就くことで大幅に年収を上げることができるのが特徴です。

持田製薬の薬剤師は年収が高く、働き方も柔軟に選ぶことができます。

持田製薬の薬剤師は年収が高く、働き方も柔軟に選ぶことができます。フレックスタイム制が全部署に導入されており、特に子供がいる薬剤師にとっては、働く時間が調整できるので便利です。こうした働き方の選択肢が豊富なのも、持田製薬の長所です。

ロート製薬の薬剤師は年収が高く、健康管理の意識も高いです。

ロート製薬の薬剤師は年収が高く、健康管理の意識も高いです。それは中途採用の条件にも表れており、ロート製薬では喫煙や肥満に関するチェック項目があるのです。美や健康のために商品開発をする企業ならではの条件ですね。

わかもと製薬の薬剤師の年収はやや低めで、年収アップは難しい?

わかもと製薬の薬剤師の年収はやや低めで、年収アップは難しい。わかもと製薬の口コミを調べてみて特に多かったのは、こんな意見でした。歴史のある製薬会社ということもあるのでしょうが、年功序列制度が他の企業よりも色濃く残っている点が、年収に影響しているようです。

薬剤師求人サイト

※よりあなたにマッチした担当コンサルタントや求人と出会えるよう、2つから3つの薬剤師転職サイトに登録して比較することをオススメします。

1位:マイナビ薬剤師

全体の4割は非公開求人のマイナビ薬剤師。お宝求人がザクザク埋まっていますよ!企業薬剤師の求人に強く、また高年収の求人にも力を入れており、守銭奴イチオシです!

2位:リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は大手に強く、実績も豊富なのでマイナビ薬剤師に負けず劣らずイイ転職サイトです。マイナビ薬剤師と併用しても良いでしょう!

3位:エムスリーキャリア

高収入の求人に強いサイトですので、あなたの可能性が一気に拡がります。併用しておくのも良いでしょう。

転職サイトランキングを見る