薬剤師年収サイトのランキング

薬剤師は土日休みだと年収が下がると、あなたは思っていますね?

確かに薬剤師、特に正社員の仕事において土日休みを希望することは難しいのが現実ですし、無理に土日休みの希望を通そうとすると年収が下ってしまう、またはパート・アルバイトになるしかない場合が多いです。

しかしそれは、あくまでも一般的なお話、つまり土日休みがデフォルトではない職場の場合のお話です。

では、正社員でも薬剤師の土日休みが当然のように実現されていて、土日休みであることによって年収の下がらない職場というのはあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

薬剤師が土日休みでも年収が下がらないのは、調剤薬局?

薬剤師が土日休みでも年収が下がらない職場はあるのか、まずは調剤薬局に絞って考えてみましょう。

調剤薬局というと土日休みは難しいというのが一般的な認識ですが、どうなのでしょうか?

土日休みの求人の現状がはっきり分かるように、マイナビ薬剤師の求人情報を実際に見て調査してみました。(※調査時期:2016年2月、正社員の求人のみ)

調剤薬局の薬剤師で土日休みの求人を、調べました!

調査した時点で出ていた全国の調剤薬局求人件数は、25469件でした。

その中で、土日休みの求人数は2469件。1割近い求人が、土日休みだったのです。

調剤薬局、特にその中でも病院の門前薬局については、病院の規模・種類を問わず日曜日はお休みですし、土曜日についても午前診のみのため正社員のほとんどはシフトに入らずに回せる体制の職場もあります。

また、面薬局の場合は地域の複数の病院からの処方箋を想定しているので土曜休みというのは少ないですが、門前薬局の場合は病院(特にクリニック)自体が土日ともに休みの場合もそこそこあり、その門前薬局も連動して土曜休み、つまり土日休みになります。

要するに、上手く探せば調剤薬局でも土日休みの求人は見つかる…特に狙い目なのは門前薬局、ということですね。

そのような土日休みがデフォルトの調剤薬局で働けば、もちろん土日休みであることによって年収が下がる、なんていう悲劇は起こりません。

心配であれば、そのあたりも薬剤師転職サイトのコンサルタントさんに相談してみると良いでしょう。

薬剤師が土日休みでも年収が下がらないのは、ドラッグストア?

薬剤師が土日休みでも年収が下がらない職場はあるのか、次にドラッグストアについて考えてみましょう。

ドラッグストアといえばOTCのみであれ調剤併設であれ、土日こそかきいれ時で忙しいイメージがありますが、どうなのでしょうか?

土日休みの求人の現状がはっきり分かるように、マイナビ薬剤師の求人情報を実際に見て調査してみました。(※調査時期:2016年2月、正社員の求人のみ)

ドラッグストアの薬剤師で土日休みの求人を、調べました!

調査した時点で出ていた全国のドラッグストア求人件数は、11749件でした。

その中で、土日休みの求人数は1354件。調剤薬局の時より多少多い割合ですが、やはり1割とちょっとであることがわかります。

ドラッグストアというのは定休日が無いのが一般的です。店舗自体がお休みになるのは、せいぜい年末年始ぐらいでしょう。

OTCの場合、ドラッグストアの営業日・営業時間と完全にリンクしていますので、常に薬剤師が居なければなりません。

シフト制で多くの薬剤師が在籍している場合は、正社員であっても家庭の事情などがあれば融通を利かせてもらえる可能性もありますが、それがあなたの評価を下げることになるのではないかと言われれば、否定は出来ません。

ドラッグストア併設の調剤薬局の場合は、少し事情が異なります。ドラッグストアによっては、調剤コーナーの営業日を月~土にしている場合があります。

面薬局の性格が強いドラッグストア併設の調剤薬局ですが、やはり周辺の病院やクリニックが日曜日を休診日にしていることが多いためです。この場合、日曜日が固定休、月~土の中で変動休となります。

そこで、正社員の薬剤師への配慮のある運営会社であれば土曜日にパート・アルバイトのシフトを厚くするなどして正社員の多くを土日休みのシフトに振り当てている場合があるのです。

こうした配慮がドラッグストアの運営会社自体にある場合は、薬剤師が土日休みであることによって年収が下がるということは、もちろんありません。

土日休みを謳っている求人であれば分かり易いですが、こうした細かい事情はなかなか求人からは読み取ることが難しいものです。

やはり薬剤師転職サイトに聞いて、調べてもらうのが手っ取り早い方法です。

薬剤師が土日休みでも年収が下がらないのは、病院やクリニック?

薬剤師が土日休みでも年収が下がらない職場はあるのか、続いて病院・クリニックについて考えてみましょう。

病院・クリニック共に土曜日診療がある場合が多いですし、特に入院施設がある職場では日曜日だって休んでいられない事が多いです。そのあたり、どうなのでしょうか?

土日休みの求人の現状がはっきり分かるように、マイナビ薬剤師の求人情報を実際に見て調査してみました。(※調査時期:2016年2月、正社員の求人のみ)

病院・クリニックの薬剤師で土日休みの求人を、調べました!

調査した時点で出ていた全国の病院・クリニックの求人件数は、1606件でした。当然ですがそもそも、数がそこまで多くありませんね。

その中で、土日休みの求人数は157件。土日休みの割合は1割弱と、調剤薬局・ドラッグストアとほぼ同じ割合になっています。

しかし、ここで注意しなければならないのが、特に病院の場合は土日休みを謳っていても実は隔週土曜日が休みなだけ、というケースがあることです。

そもそも病院薬剤師は部署自体、配置人数が少ない場合が多いので2人体制、3人体制といった少人数で回している職場も少なくありません。

その上入院施設もあり、土曜診療もあり、となってくると毎週の土日を休むわけにはいきませんよね。それこそ、そんな状況で無理に土日休みのシフトを組んでもらえば、あなたの薬剤師としてのキャリアアップに響き、年収も下がってしまいかねません。

では、どうすれば良いのか。方法は2つ考えられます。

1つは、入院施設が無く、土日休診のクリニックを探すこと。

もう1つは、薬剤部の在籍人数が多く、無理をしなくても融通を利かせて貰い易い大病院を探すことです。

いずれにしてもなかなか難しい求人探しになりますので、薬剤師転職サイトは利用した方が良いでしょう。

薬剤師が土日休みでも年収が下がらないのは、やっぱり企業?

薬剤師が土日休みでも年収が下がらない職場はあるのか、最後に企業について考えてみましょう。

土日休みの求人の現状がはっきり分かるように、マイナビ薬剤師の求人情報を実際に見て調査してみました。(※調査時期:2016年2月、正社員の求人のみ)

企業の薬剤師で土日休みの求人を、調べました!

CRAやCRC、MR、臨床開発や学術・薬事も含めた全国の企業の求人件数は、222件でした。さすがに、少ないですね。

その中で、土日休みの求人数は165件。約75%、つまり4件中3件は土日休みの求人なのです。

当然と言えば当然ですが、企業は基本的に一般のサラリーマンと同じで土日休みのお仕事なのです。土日休みであることによって薬剤師の年収が下がるということも、もちろんありません。

しかし病院に出入りするCRAやCRCは、土日休みでない職場もそれなりにあるので注意が必要です。

CRAは製薬会社(土日休み)との折衝が多いため土日休みの場合が多いですが、院内で患者さんと接するCRCについては、土曜日に治験を行うこともあるため、完全な土日休みにはならない場合が多いのです。

いずれにしても、企業自体の求人がとても少ないですし、企業に限って言えば土日休みがどうこうよりも、まずは求人にありつけるかが問題となります。

薬剤師転職サイトの助けが一番必要な業種と言えるでしょう。

薬剤師が土日休みでも年収が下がらない確率は、だいたい10%ということ…ではないんです!

求人の数で見ると確かに土日休みの職場は10%前後ですが、これはあなたが土日休みで年収が下がらない職場に転職出来る確率とは違いますよ~!

最初から土日休みを狙って、薬剤師転職サイトのコンサルタントさんと二人三脚で探していけば…土日休みで年収が下がらない職場に転職出来る確率は、少なくとも80%くらいにはなるはずですよ!

まずは実際に探して見なければ何も始まりませんからね、守銭奴を信じて、薬剤師転職サイトの門を叩いてみてくださいね~!

薬剤師求人サイト

※よりあなたにマッチした担当コンサルタントや求人と出会えるよう、2つから3つの薬剤師転職サイトに登録して比較することをオススメします。

1位:マイナビ薬剤師

全体の4割は非公開求人のマイナビ薬剤師。お宝求人がザクザク埋まっていますよ!企業薬剤師の求人に強く、また高年収の求人にも力を入れており、守銭奴イチオシです!

2位:リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は大手に強く、実績も豊富なのでマイナビ薬剤師に負けず劣らずイイ転職サイトです。マイナビ薬剤師と併用しても良いでしょう!

3位:エムスリーキャリア

高収入の求人に強いサイトですので、あなたの可能性が一気に拡がります。併用しておくのも良いでしょう。

転職サイトランキングを見る