薬剤師年収サイトのランキング

病院の薬剤師を年収で見ると、調剤薬局よりも低い水準になっています。

取り扱う薬品数も多く、勤務形態もシフト制であったり夜勤がある病院薬剤師は、なぜ年収が比較的低いのでしょうか?

年収が高い病院も、中にはあるのでしょうか?今回はこのあたりについて、お話していきましょう。

病院 薬剤師の年収が低いのはどうして?他の職場と収入を比較。

病院 薬剤師の年収は、他の職場で働く薬剤師と比較すると低めです。

平均年収400万円~650万円。この数字を覚えておいてください。

調剤薬局の場合は、この金額とほぼ変わりません。対して、ドラッグストアが400~700万円、製薬会社が400~800万円と、病院と比べて年収の上限金額にかなりの差があることがわかります。

国立病院の場合はもう少し年収の上限が高くなるようですが、薬剤師の仕事の中では低い部類になっています。

じゃあ、病院の薬剤師は給料アップできないの?と不安になったあなたへ。そんなことはありません。

薬局長になれば年収700万円も可能です。しかし、この金額はドラッグストアの店長や調剤薬局の管理薬剤師と同等程度。

職場の規模や仕事量・責任などを考えると、単純に年収が高いとも言い切れません。

病院薬剤師は年収が低い。でも仕事内容はハード。そんな悪循環に陥っています。

病院 薬剤師の年収は、これから増えていく?実態を探ります。

病院 薬剤師の年収は、これからどうなっていくのでしょうか。

まずは、病院 薬剤師の仕事内容を調べてみようと思います。

病院薬剤師は、入院・外来の患者に対して処方する薬を調合し、管理するのが仕事です。

薬の種類は様々で、飲み薬や塗り薬の他、注射に使う薬も薬剤師が管理しています。

薬は人体に大きな影響を及ぼすものですから、厳重な管理が必要です。わずかな温度・湿度・光の当たり具合などに気を配らなければならないので、専門性の高い知識や経験を求められます。

病院で働く場合、他の薬剤師と違って夜勤をすることもあります。状況によっては残業もあるでしょう。

そんなに大変な仕事なら、給料が高くてもいいような気がするんだけど・・。

あなたがそう思うのも当然です。仕事の給料とは、働く人が担う責任や労力を反映しているものでなくてはなりません。

では、なぜ病院で働く薬剤師の給料は低くなってしまうのでしょうか。それには、診療報酬が大きく関係していました。

あなたが病院で診察や治療を受けるとき、治療費や薬代として支払うのは全体の3割だけです。

残り7割は国から医療機関に支払われているため、診療報酬は国からどれだけの金額をもらえるかで変わってきます。

近年、診療報酬が引下げられたというニュースは聞いたことがあるでしょう。

診療報酬が引き下げられる、つまり国からもらえる報酬も低くなるということです。

病院としてもらえる報酬が下がっていること。これが、病院 薬剤師の年収が低い原因なのです。

病院 薬剤師の年収を今すぐ上げたい!その方法は?

病院 薬剤師の年収を今すぐにあげる方法。それは短期間で転職を成功させることです。

病院によっては、現在の年収よりも高い給料を提示している職場もあるでしょう。

そうした職場を探して転職すれば、年収アップも確実にかないます。

忙しくて転職の時間が取れない、というあなたも安心してください。現在の仕事を続けたまま転職活動ができるいい方法があります。

それは、薬剤師向けの転職支援サイトを使う事。ここでは自分の代わりに求人検索を依頼することもできるのです。

転職支援サイトには専属コンサルタントが在籍していて、登録後に希望条件を伝えておくと、あなたが仕事をしている間にお勧めの求人を探し、紹介してもらえます。

自分で求人を探す手間が省ければ、転職にかかる時間も大きく節約できますね。

もちろん、ただ求人を探すだけでなく、面接を受けるときのアドバイスももらえます。病院の仕事は変えずに給料アップ。目指してみませんか?

病院の薬剤師の年収は仕事のわりに高くない…そんなところですね~…

じゃあ病院で薬剤師をするのは止めたほうが良いの?って?

いやいやいやいや!そんな事は全くありませんよ!病院薬剤師は、薬剤師の憧れの的でもあるのはあなたもご存知のはずですよね?

病院薬剤師は年収が特別高くはないというだけで、別に年収が低い訳ではありませんし、何よりも安定していますから素敵な職種だと、守銭奴も思いますよ?

それに、確かに仕事の大変さと年収は比例していないかもしれませんが、薬剤部長などの役職に付くことで他の職種に劣らず高年収を得る事だって出来ますからね~!

薬剤師転職サイトの担当さんに聞けば、年収の比較的高い病院の求人を探して貰えるので試してみてくださいね~!

薬剤師求人サイト

※よりあなたにマッチした担当コンサルタントや求人と出会えるよう、2つから3つの薬剤師転職サイトに登録して比較することをオススメします。

1位:マイナビ薬剤師

全体の4割は非公開求人のマイナビ薬剤師。お宝求人がザクザク埋まっていますよ!企業薬剤師の求人に強く、また高年収の求人にも力を入れており、守銭奴イチオシです!

2位:リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は大手に強く、実績も豊富なのでマイナビ薬剤師に負けず劣らずイイ転職サイトです。マイナビ薬剤師と併用しても良いでしょう!

3位:エムスリーキャリア

高収入の求人に強いサイトですので、あなたの可能性が一気に拡がります。併用しておくのも良いでしょう。

転職サイトランキングを見る