薬剤師年収サイトのランキング

薬剤師が年収 800万円を超えることは、そう簡単にできる事ではありません。

薬剤師が800万円という高額の年収を得るためには、若いうちから明確に将来像をイメージしておく必要があります。

どんなキャリアを積むか、今の内から考えておきましょう。

薬剤師で年収800万円を超えるのはどんな職種?

薬剤師で年収800万円を超えるのはどんな職種でしょうか。

800万円といえば薬剤師の年収としてかなり高額なほうですから、職種は限られてきます。

たとえば、ドラッグストアの店長、認定薬剤師資格保持者などが当てはまります。

これらの薬剤師の年収は、約700万円から800万円。もちろん、給与体系は職場ごとに違いますし、薬剤師個人が持つ経験によっても年収は大きく左右されます。

年収800万円を超える職種はもう一つ。

企業の研究職や営業職です。場合によっては1000万円近くの年収を狙うことも不可能ではありません。

一方、薬剤師にとって最も身近な職場である調剤薬局や病院などは、年収800万円を超すことは非常に難しいです。上がっても600万円台に届くか、というところでしょう。

薬剤師で年収800万円を超えるためには何が必要?

薬剤師で年収800万円を超えるためには何が必要でしょうか。

まず欠かせないのは、実務経験です。薬剤師として必要な調剤技術、薬に対する知識といった基本はもちろん、高額年収を得るためにはそれだけの能力を兼ね備えていなくてはなりません。

たとえば、認定薬剤師などの専門資格を持っていること。あるいは人材育成や経営の知識といった、リーダーに必要な要素を備えているなど。

経営者にとって「この薬剤師がいれば職場の発展につながる」と思えることこそ、薬剤師が年収を上げるために必要なことなのです。

もしもあなたが今の職場、または転職先にてリーダーや管理職を任される機会があれば、積極的に挑戦してみることをお勧めします。

仕事は今までよりも大変かもしれません。しかし、得られるものは大きいです。ほかの薬剤師よりも一歩先を行く能力を身に着けて、年収800万円への道のりを切り開くことができます。

薬剤師で年収800万円を超えるのは何年目から?

薬剤師で年収800万円を超えるのは何年目からでしょうか。

大きな分かれ目となるのは、薬剤師として働き始めて3年目以降です。

この時期になると基本的なことは身に付き、社会人としての振る舞いも覚えるようになります。

転職するにしろ、今の職場で働き続けるにしろ、20代半ばにあたるこの年代は、大きなチャンスがあります。

これから30歳までの間に、自分がどんな薬剤師になりたいのか。どんな仕事をしていきたいのかを決める必要があります。

それによってこれからの仕事も、大きく変わってくることでしょう。

といっても、いきなり自分のキャリアをイメージするのは難しいですよね。

そんなときは転職支援サイトを使ってみてください。薬剤師の転職事情に精通したコンサルタントがいますから、相談すると良いアドバイスがもらえますよ。

薬剤師が年収で800万円を超えるのは簡単なことではありませんね…でも、思いっきり可能なんですよ!

守銭奴は調剤薬局に20年以上勤めて管理職になり、数年前に年収800万円の大台に乗りましたからね~!知り合いでは、30代の若さにして800万円の年収を貰ってる薬剤師もいるんですよ…羨ましい!

でもね、大事なことは、ただ勤め続けていれば、そして資格を取れば年収800万円を得られるワケではないということなんです!

ドラッグストアでも調剤薬局でも同じことです。そう…その会社にそれだけの給与を払う体力と経営理念があるかによって薬剤師が年収800万円を得られるかどうかが変わってきます。

つまり儲かっていて、気前の良い会社じゃないといつまで働いても年収800万円は得られないって事なんですよ!

さて、その「儲かっていて気前の良い会社」の見分け方、知りたいでしょう?

…大丈夫、そういったオハナシのプロフェッショナル、薬剤師転職サイトが既に見分けてくれてますから!さあ、年収800万円に向けて、出発ですよ~!

薬剤師求人サイト

※よりあなたにマッチした担当コンサルタントや求人と出会えるよう、2つから3つの薬剤師転職サイトに登録して比較することをオススメします。

1位:マイナビ薬剤師

全体の4割は非公開求人のマイナビ薬剤師。お宝求人がザクザク埋まっていますよ!企業薬剤師の求人に強く、また高年収の求人にも力を入れており、守銭奴イチオシです!

2位:リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は大手に強く、実績も豊富なのでマイナビ薬剤師に負けず劣らずイイ転職サイトです。マイナビ薬剤師と併用しても良いでしょう!

3位:エムスリーキャリア

高収入の求人に強いサイトですので、あなたの可能性が一気に拡がります。併用しておくのも良いでしょう。

転職サイトランキングを見る