薬剤師年収サイトのランキング

富士薬品の薬剤師の年収は平均的ですが、職種は豊富です。

店舗勤務はもちろんのこと、研究や品質・発送管理といった開発・流通の仕事に関わることも可能です。

今までとは違う仕事をしたいという方には、ピッタリの職場ではないでしょうか。

富士薬品の薬剤師の年収を調べてみました

富士薬品の薬剤師の年収を調べてみました。働き盛りの年代に当たる30代で見てみると、平均して400~450万円程度となっています。

また富士薬品は諸手当が充実しており、休日手当や家族手当などがついて年収が増えることもあります。

富士薬品の薬剤師は職種によって年収もかなり異なり、営業職の場合は基本給に加えて営業成績による成果報酬が加算されます富士薬品は男性が多い会社で、平均年齢が30歳と若いのが特徴です。

そのためか仕事量はかなり多く、これまで以上にに自分を高めていきたいと思っている方には向いている職場です。

薬剤師としてドラッグストア運営にかかわる際は、店舗の売り場づくりに一からかかわることができます。

それぞれの店舗ごとに特色を出していけるので、自分の意見をおおいに反映させるチャンスです。ここで積み重ねたキャリアは、将来においてきっと力になってくれます。

富士薬品の薬剤師を年収以外の点で調べてみました

富士薬品の薬剤師を年収以外の点で調べてみます。まずは仕事内容です。

富士薬品では、調剤とOTCのみの2通りの形態の店舗スタッフ、医薬品販売営業、研究開発、品質管理、発送管理などの仕事があります。

医療に関する様々な事業を手掛けている富士薬品ならではの、職種の豊富さですね。

富士薬品の創業は1930年、配置薬販売事業から始まり、今ではドラッグストアに調剤薬局、研究開発など様々な事業を手掛けています。

従業員は男女合計で4171名に上る大企業です。店舗数も配置薬営業所が297か所、薬局・調剤薬局数が396店舗存在します。

あなたがもっと薬剤師として仕事の幅を広げたい、と考えているなら、富士薬品にはチャンスがたくさんあります。

ここで注意したいことは、それぞれの職種や店舗でどんな人材が求められているかを見極めることです。

店舗一つにしても、実務経験や人物像など、各店舗によって求められる人材は異なります。

自分の能力を生かせる場所はどこか。応募する前に、しっかりと確かめておいてください。あなたの長所をしっかり生かしてこそ、富士薬品への転職は成功します。

富士薬品の薬剤師が年収以外で気を付けることは?

富士薬品の薬剤師が年収以外で気を付けることは何でしょうか。

それは、自分が会社に対してどんな貢献ができるかを考え、実行することです。

富士薬品では様々な職種があり、それぞれに教育が充実しています。

もちろん、その教育を受けていけば自身の成長はしっかりと見込めますが、それだけでは不十分です。

用意された教育を受けるだけでなく、自分がどんな方向に進み、発展していきたいかを考えなければ、富士薬品で成長することはできません。

自分が成長するための将来像がはっきりしているなら、富士薬品はお勧めの職場です。

もっと詳しい年収を知りたいというあなたは、転職支援サイトなどで求人を調べてみてください。

富士薬品の薬剤師は年収も良いですし、職種の幅が広いのが魅力的ですね!

これまでのあなたの経験を活かした転職が自在に出来そうで、ワクワクしますよ…。

富士薬品は教育制度も充実していますから、大船に乗った気持ちで転職して新しいスタートをきることが出来ますね!

…とはいえ、上手い具合に希望の部署の求人が出ているかは守銭奴にも分かりません。

薬剤師求人サイトに登録して、まずは富士薬品からどういった薬剤師の求人が出ているのか調べてもらいましょうね!

薬剤師求人サイト

※よりあなたにマッチした担当コンサルタントや求人と出会えるよう、2つから3つの薬剤師転職サイトに登録して比較することをオススメします。

1位:マイナビ薬剤師

全体の4割は非公開求人のマイナビ薬剤師。お宝求人がザクザク埋まっていますよ!企業薬剤師の求人に強く、また高年収の求人にも力を入れており、守銭奴イチオシです!

2位:リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は大手に強く、実績も豊富なのでマイナビ薬剤師に負けず劣らずイイ転職サイトです。マイナビ薬剤師と併用しても良いでしょう!

3位:エムスリーキャリア

高収入の求人に強いサイトですので、あなたの可能性が一気に拡がります。併用しておくのも良いでしょう。

転職サイトランキングを見る