薬剤師年収サイトのランキング

「マツモトキヨシの薬剤師の年収ってどのくらいだろう?」

「マツモトキヨシは商品が安いことが売りだから、薬剤師の年収も安いイメージがある…」

と思っている薬剤師さんは多いと思います。

マツモトキヨシの薬剤師の年収は、転職時点では薬剤師の平均年収と同じか少し高い程度です。

でもね、キャリアを積むことで大幅な年収アップが見込めるんです!

マツモトキヨシの薬剤師の年収について詳しく解説していきますよ~!

マツモトキヨシの薬剤師の年収はどのくらい?

マツモトキヨシの薬剤師の年収はどのくらいでしょうか?知りたいでしょう?

ドラッグストアの最大手とも言えるマツモトキヨシの薬剤師の年収を具体的に説明しますよ~!

マツモトキヨシに転職した時の薬剤師の年収

マツモトキヨシに転職した時の薬剤師の年収は、505~700万円程度になります。(マツモトキヨシの公式ホームページより)

厚生労働省の平成29年の賃金構造基本統計調査によると、薬剤師の平均年収は543万8,200円ですから、マツモトキヨシの薬剤師の年収は薬剤師の平均年収と同じ程度、もしくはやや高いと言えますね。

ドラッグストアの薬剤師の年収としても、平均~やや高めになります。

マツモトキヨシの薬剤師の年収は経験・能力によって決まる

マツモトキヨシの薬剤師の年収を見て、どう思いましたか?

え?

505~700万円なんて幅がありすぎ!!!

と思ったって?

確かに、約200万円も年収に幅があります。

これは、マツモトキヨシに転職してくる薬剤師の経験や能力を考慮して、年収を決定するからなんですよ!

同じ転職組でも、半年だけ病院薬剤師として勤務した経験がある24歳の薬剤師とほかのドラッグストアで10年間の勤務経験がある34歳の薬剤師では、年収に差を設けるのは当たり前です。

ちなみに、マツモトキヨシは年俸制になっていますが、年収は基本年俸と業績年俸の2つで構成されているんですね~。

基本年俸は経験や能力を考慮されるものですので、一般的な基本給のようなものです。

業績年俸は会社の業績や個人評価で決まるものですので、ボーナスのようなものです。

マツモトキヨシに薬剤師が転職する場合は、この基本年俸+業績年俸を年収として提示されます。

基本年俸を12で割った額を月給として支給され、業績年俸をボーナスとして年に2回支給されることになります。

マツモトキヨシの新卒薬剤師の年収

次は、マツモトキヨシの新卒薬剤師の年収を見ていきますよ~。

マツモトキヨシの新卒採用の募集要項にある年収は以下の通りです。

・転居あり=年収505万5,000円

・転居なし=年収482万455円(東京、神奈川、千葉、名古屋、大阪限定)

・転居なし=年収467万9,726円(埼玉、静岡、三重、滋賀、兵庫限定)

・転居なし=年収458万5,910円(茨城、山梨、岐阜、奈良、和歌山限定)

このようにマツモトキヨシの薬剤師は、転居ありかなしか、また勤務地によって年収に差が出ることがわかりますね~!

マツモトキヨシの薬剤師の求人を見てみよう

では、実際にマツモトキヨシの薬剤師の求人の具体例を紹介します。

このマツモトキヨシの求人に記載されている年収は、24歳~40歳のモデル年収ですので、中途採用者だけでなく、新卒の薬剤師のモデル年収も含まれているので、年収の下限がやや低めになっています。

ただ、年収の上限は最初に説明したマツモトキヨシの薬剤師の年収と一致していますね。

これを見てもわかるように、マツモトキヨシの薬剤師に転職すると、年収は505~700万円は見込めるということになりますよ!

マツモトキヨシに転職した薬剤師の将来的な年収は?

マツモトキヨシの薬剤師の転職時の年収は、平均か平均よりもやや高い程度ですが、そのままマツモトキヨシで長く働いていった時の将来的な年収はどのくらいなのか気になりませんか?

マツモトキヨシの薬剤師がキャリアアップしていった時の年収モデルをご紹介しますよ~!

店長=700万円程度

課長=1,100万円程度

課長になれば年収1,000万円!本当!?

はい。これは、本当なんですよ~!

マツモトキヨシに薬剤師が転職して、そこでキャリアを積んでいけば、年収1,000万円以上も十分に実現可能ということになんですね~。

マツモトキヨシの薬剤師に転職する人のための基本情報

マツモトキヨシの薬剤師の年収を見て、マツモトキヨシに転職したいと思い始めた薬剤師さんも少なくないと思います。

転職するかどうかの決断をする前に、マツモトキヨシの基本情報を押さえておきましょう。

企業情報

マツモトキヨシの企業情報をご紹介していきます。

社名=株式会社マツモトキヨシ

創業=1932年(昭和7年)12月26日

本社所在地=千葉県松戸市

店舗数=1604店舗(平成27年6月1日時点)

上場区分=東証一部(2007年10月1日上場)

売上高=5384億800万円(2018年度)

平均年齢=45.6歳

関東を中心に722店舗を展開するマツモトキヨシは、2018年に過去最高の業績を叩き出していて、ここ10年で売上高をどんどん伸ばしている成長著しいドラッグストアなんですよ~。

業務内容

マツモトキヨシの薬剤師は、基本的にOTC医薬品の販売や顧客(患者)への服薬指導などが主な業務になります。

でもね、店舗によっては調剤を併設しているところもありますので、そのようなマツモトキヨシの店舗に配属されると、OTC医薬品の販売だけでなく、調剤業務も行うことになりますね~。

場合によっては、棚卸や品出し、レジ業務、クレーム処理などいわゆる「薬剤師業務」以外の業務を行いますので、幅広い業務を行う覚悟が必要です。

マツモトキヨシの薬剤師の年収が高い秘密は職場の特徴とその評判にあった?

マツモトキヨシの薬剤師の年収は、転職時点で平均~やや高め、そしてキャリアアップすれば年収1000万円以上を稼ぐことができますので、薬剤師の職場の中でも年収が高い職場と言えます。

マツモトキヨシの薬剤師は年収が高い秘密は、マツモトキヨシの職場の特徴にあるのかもしれませんよ~。

マツモトキヨシの職場の特徴の中には、自ら年収アップできるような制度があったり、「割が良いかも!」と思えるような評判のものが多いんです。

研修制度の評判

マツモトキヨシは数あるドラッグストアの中でも研修が整っていることが特徴ですよ~。

マツモトキヨシは東京、宮城、大阪、福岡に研修センターがあり、新人薬剤師から管理職まで、そしてそれ以降もレベルに合わせた研修が用意されています。

心の声「研修センターまであるの!?すごい!」

また、未経験やブランクがある薬剤師のフォロー体制も整っていますし、認定薬剤師などの資格取得支援制度も用意されています。

だから、やる気がある薬剤師は、マツモトキヨシに転職した時点ではドラッグストアに必要なスキルがなくても、研修でどんどんスキルアップ・キャリアアップして年収をアップさせることが可能なんです。

公募制度の評判

マツモトキヨシには社内公募制度があります。

心の声「社内公募制度って何?」

社内公募制度はマツモトキヨシで新しいプロジェクトを始める時に、そのプロジェクトへの参加者を公募によって募集する制度です。

やる気があり、キャリアアップ志向がある薬剤師には評判が良い制度ですね~。

この公募制度があるから、やる気がある薬剤師は埋もれることなく、どんどんその実力を発揮する場を与えられますので、キャリアアップして、年収をアップさせることができるのです。

転勤の評判

マツモトキヨシは転勤ありかなしかを選ぶことができます。転勤OKの場合は、転勤なしの薬剤師よりも年収は、新卒時点で数十万円程度高くなります。

ノルマの評判

マツモトキヨシでは、個人ノルマはありませんが、店舗ごとの売り上げノルマ・目標は設定されているようです。

そのノルマを達成し続けることで、社内評価が上がり、キャリアアップへの道が開かれやすくなりますので、年収アップを狙うことができます。

残業の評判

マツモトキヨシの薬剤師は残業ばかりというイメージがあるかもしれませんが、残業はしないという会社の方針で、できるだけ残業せずに、定時退勤することを各店舗に通達されています。

そのため、マツモトキヨシの薬剤師は残業は少なめで、社員内での残業に関する評判は良く、満足度は高いです。

ドラッグストアで残業少なめ!しかも、サービス残業も少ない!

ドラッグストア勤務の薬剤師は残業が多いのは仕方ないという風潮があるのは、薬剤師なら知っていると思います。

その中で、できるだけ残業しない、しかも残業代は1分単位で支払われるという職場環境を考えると、マツモトキヨシの年収は割がいいと思えますね~。

ボーナスの評判

最初にも説明したとおり、マツモトキヨシの薬剤師のボーナスは業績年俸という形で年に2回支給されます。

支給額は人それぞれ違いますが、新卒の時点で100万円前後になります。

新卒のボーナス100万円!!!

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査での薬剤師のボーナスの平均額は、77万8,600円ですので、新卒の時点で100万円前後というのはかなり多いと言えますね~!

さすが、2018年3月決算で過去最高の業績を出したマツモトキヨシと言えるのではないでしょうか?

休日数の評判

マツモトキヨシの薬剤師の休日はシフト制ですので、土日休みというわけではありません。

でもね、年間休日は116日ですので、ほかの薬剤師の職場に比べると、恵まれていると言えると思いませんか?

店舗によって取得しやすいかどうかの差は多少出るものの、会社の方針としてアニバーサリー休暇と連続有給制度のが義務付けられているので、職場の雰囲気としては休みやすく、社員の評判は良いんですよ~!

これを考えると、残業同様にマツモトキヨシの年収額を考えると割がよく、額面以上のお得感があると言えると思いませんか?

マツモトキヨシの薬剤師の年収に魅力を感じた人は薬剤師転職サイトを使おう

マツモトキヨシの薬剤師の年収に魅力を感じた人は、薬剤師転職サイトに登録して求人を探すことをおすすめします。

中途採用でマツモトキヨシに転職する時の年収を思い出してみてください。

マツモトキヨシの薬剤師の年収は、505~700万円でした。

この幅は経験や能力で年収が決まるからです。

ということは、あなたのマツモトキヨシでの年収は505万円スタートになる可能性もありますし、550万円スタート、600万円スタート、700万円スタートの可能性もあるんですね~。

あなたがいかに経験と能力をアピールできるかによって、マツモトキヨシでの年収は決まります。

そして、もう1つマツモトキヨシの年収を上げる方法があります。

それは、

給料交渉

です。

交渉することで、スタート年収を上げることもできます。

ただ、自分で給料交渉をするのは、厳しいですから、薬剤師転職サイトを使って、コンサルタントにあなたの代わりに交渉してもらいましょう。

そうすれば、マツモトキヨシに転職した時の年収をアップさせることができるんですよ~!

薬剤師求人サイト

※よりあなたにマッチした担当コンサルタントや求人と出会えるよう、2つから3つの薬剤師転職サイトに登録して比較することをオススメします。

1位:マイナビ薬剤師

全体の4割は非公開求人のマイナビ薬剤師。お宝求人がザクザク埋まっていますよ!企業薬剤師の求人に強く、また高年収の求人にも力を入れており、守銭奴イチオシです!

2位:リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は大手に強く、実績も豊富なのでマイナビ薬剤師に負けず劣らずイイ転職サイトです。マイナビ薬剤師と併用しても良いでしょう!

3位:エムスリーキャリア

高収入の求人に強いサイトですので、あなたの可能性が一気に拡がります。併用しておくのも良いでしょう。

転職サイトランキングを見る